ビデオダビング

ダビング業者によって値段が違う理由

ダビング業者によって値段が違う理由

まずダビング業者によって値段が違う主な理由は、サービスの違いです。ただ、安価な値段の業者が悪いわけではありません。 また高い値段の業者でも、満足のいく結果にならず、違うダビング業者にすればよかったと、後から後悔する人がたくさんいます。 ダビング業者を選ぶときには、値段の違い以外にも目を向けて、検討していく必要があります。

ダビング業者によって値段が違う理由

まずダビング業者によって値段が違う主な理由は、サービスの違いです。ただ、安価な値段の業者が悪いわけではありません。 また高い値段の業者でも、満足のいく結果にならず、違うダビング業者にすればよかったと、後から後悔する人がたくさんいます。 ダビング業者を選ぶときには、値段の違い以外にも目を向けて、検討していく必要があります。

ビデオテープを自分でダビングするのは難しい?自分でダビングするデメリットとは?

ビデオテープを自分でダビングするのは難しい?自分でダビングするデメリットとは?

家族の思い出や子供の成長などを記録したビデオテープが家に溜まっている方も多いでしょう。 しかし、ビデオテープは時間と共に劣化してしまいますし、収納スペースとるのでできれば早めにDVDなどへダビングしておいた方がいいでしょう。 ビデオテープのダビングは業者に依頼しなくても、自分で行うことができます。 ただ、自分でダビングするのを「難しい」「ハードルが高い」と感じる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は「自分でダビングをする上で難しい点」について解説していきます。

ビデオテープを自分でダビングするのは難しい?自分でダビングするデメリットとは?

家族の思い出や子供の成長などを記録したビデオテープが家に溜まっている方も多いでしょう。 しかし、ビデオテープは時間と共に劣化してしまいますし、収納スペースとるのでできれば早めにDVDなどへダビングしておいた方がいいでしょう。 ビデオテープのダビングは業者に依頼しなくても、自分で行うことができます。 ただ、自分でダビングするのを「難しい」「ハードルが高い」と感じる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は「自分でダビングをする上で難しい点」について解説していきます。

積み重なったビデオテープをスッキリさせる方法

積み重なったビデオテープをスッキリさせる方法

家に眠ったままで、かさばっているビデオテープ。 なかにはラベルが剥がれていて、どんな映像が入っているかわからず、捨てようにも捨てられない。 そんな部屋の隅や押し入れで、積み重なりかさばるビデオテープをスッキリさせる方法をご紹介します。

積み重なったビデオテープをスッキリさせる方法

家に眠ったままで、かさばっているビデオテープ。 なかにはラベルが剥がれていて、どんな映像が入っているかわからず、捨てようにも捨てられない。 そんな部屋の隅や押し入れで、積み重なりかさばるビデオテープをスッキリさせる方法をご紹介します。

あきらめないで!デジタル化する前にビデオテープの修復は可能

あきらめないで!デジタル化する前にビデオテープの修復は可能

ビデオデッキがなくデジタル化するためにビデオテープからDVDへダビングする人は多いですが、その際にビデオテープが破損しているというケースもあります。 ビデオテープからDVDへダビングする場合は、1回程度再生できれば可能です。ビデオテープを修復することで、大切なデータをDVDへダビングすることができます。 そこで今回はビデオテープの修復方法についてご紹介しますので、ビデオテープが破損して悩んでいる方は参考にしてみてください。

あきらめないで!デジタル化する前にビデオテープの修復は可能

ビデオデッキがなくデジタル化するためにビデオテープからDVDへダビングする人は多いですが、その際にビデオテープが破損しているというケースもあります。 ビデオテープからDVDへダビングする場合は、1回程度再生できれば可能です。ビデオテープを修復することで、大切なデータをDVDへダビングすることができます。 そこで今回はビデオテープの修復方法についてご紹介しますので、ビデオテープが破損して悩んでいる方は参考にしてみてください。

ビデオテープの寿命を知り、早めの対策をしよう!

ビデオテープの寿命を知り、早めの対策をしよう!

以前はビデオテープが記録媒体の主流だったので、子どもの小さい頃の動画など大切なデータをビデオテープに保存している人が多いのではないでしょうか。しかし、ビデオテープは劣化しやすく寿命があります。 ビデオテープは、保管環境に注意したり、定期的にメンテナンスしたりすることで寿命を延ばすことができますが、難しく面倒に感じる方も多くいるでしょう。 大切な動画が見れなくなる前にビデオテープの寿命を知り、早めに対策することが大切です。

ビデオテープの寿命を知り、早めの対策をしよう!

以前はビデオテープが記録媒体の主流だったので、子どもの小さい頃の動画など大切なデータをビデオテープに保存している人が多いのではないでしょうか。しかし、ビデオテープは劣化しやすく寿命があります。 ビデオテープは、保管環境に注意したり、定期的にメンテナンスしたりすることで寿命を延ばすことができますが、難しく面倒に感じる方も多くいるでしょう。 大切な動画が見れなくなる前にビデオテープの寿命を知り、早めに対策することが大切です。

ビデオテープを劣化させない長期保存するための正しい方法

ビデオテープを劣化させない長期保存するための正しい方法

VHSを代表するようなビデオテープは劣化しやすいため、長期保存するには細心の注意を払わないといけません。「思い出をキレイなまま残したい」と思っても、保存方法を間違えれば、映像を見られなくなるおそれもあります。 劣化しやすいビデオテープを長期保存するには、6つのポイントがとても重要です。

ビデオテープを劣化させない長期保存するための正しい方法

VHSを代表するようなビデオテープは劣化しやすいため、長期保存するには細心の注意を払わないといけません。「思い出をキレイなまま残したい」と思っても、保存方法を間違えれば、映像を見られなくなるおそれもあります。 劣化しやすいビデオテープを長期保存するには、6つのポイントがとても重要です。