写真デジタル化

フィルムの現像を安くする方法とおすすめポイント・注意点

フィルムの現像を安くする方法とおすすめポイント・注意点

スマホやデジカメが普及する中、アナログカメラでの撮影に熱中する人が増えています。 アナログカメラで写真を撮ると、写真を見るためにはフィルムの現像が必要になります。 少量なら気にならない金額かもしれませんが、大量に写真を撮る場合は、現像代が結構負担になってしまいます。 そこで、フィルムの現像を少しでも安くするにはどうすればよいのか?その方法、おすすめポイントと注意点などを紹介します

フィルムの現像を安くする方法とおすすめポイント・注意点

スマホやデジカメが普及する中、アナログカメラでの撮影に熱中する人が増えています。 アナログカメラで写真を撮ると、写真を見るためにはフィルムの現像が必要になります。 少量なら気にならない金額かもしれませんが、大量に写真を撮る場合は、現像代が結構負担になってしまいます。 そこで、フィルムの現像を少しでも安くするにはどうすればよいのか?その方法、おすすめポイントと注意点などを紹介します

フィルムのデジタル化ってどうやるの?メリット・デメリットも徹底公開!

フィルムのデジタル化ってどうやるの?メリット・デメリットも徹底公開!

今ではデジタル一眼カメラが主流となりつつあるカメラ業界。 しかし「カメラ女子」や「インスタ映え」などの言葉が流行したように、「エモい」写真を撮る機会が増えてきた事で再びフィルム式カメラへの注目度が高まっています。 もちろんスマートフォンやデジタル一眼で撮影した写真でもPhotoshopなどで編集すればエモい加工はできますが、それでもフィルム式カメラだからこそ撮れる味というものがあります。ただ、そんなフィルム式カメラにも残念ながら難点があります。1.フィルムの管理が大変2.現像の手間3.フィルムを失くしてしまうとバックアップが存在しない このような悩みを解決してくれるのが「フィルムのデジタル化」です。 最近ではオンラインサービスも充実してきたので気軽に依頼できるようになっています。 今回はそんなフィルムをデジタル化するメリットとデメリット、フィルムをデジタル化する方法についてご紹介します。

フィルムのデジタル化ってどうやるの?メリット・デメリットも徹底公開!

今ではデジタル一眼カメラが主流となりつつあるカメラ業界。 しかし「カメラ女子」や「インスタ映え」などの言葉が流行したように、「エモい」写真を撮る機会が増えてきた事で再びフィルム式カメラへの注目度が高まっています。 もちろんスマートフォンやデジタル一眼で撮影した写真でもPhotoshopなどで編集すればエモい加工はできますが、それでもフィルム式カメラだからこそ撮れる味というものがあります。ただ、そんなフィルム式カメラにも残念ながら難点があります。1.フィルムの管理が大変2.現像の手間3.フィルムを失くしてしまうとバックアップが存在しない このような悩みを解決してくれるのが「フィルムのデジタル化」です。 最近ではオンラインサービスも充実してきたので気軽に依頼できるようになっています。 今回はそんなフィルムをデジタル化するメリットとデメリット、フィルムをデジタル化する方法についてご紹介します。

古いネガをデジタル化して管理しやすく!データ化する方法をご紹介

古いネガをデジタル化して管理しやすく!データ化する方法をご紹介

古いネガを手元で分かりやすく管理するには、現像してしまうよりデジタル化する方法がおすすめとなります。 古いネガをデジタル化するにはどうすれば良いのか、今回はデータ化する方法をご紹介していきます。 自宅にあるネガの管理に困っている人は、ご紹介した方法を試してみてください。デジタル化してしまえば、古いネガは処分して構いません。

古いネガをデジタル化して管理しやすく!データ化する方法をご紹介

古いネガを手元で分かりやすく管理するには、現像してしまうよりデジタル化する方法がおすすめとなります。 古いネガをデジタル化するにはどうすれば良いのか、今回はデータ化する方法をご紹介していきます。 自宅にあるネガの管理に困っている人は、ご紹介した方法を試してみてください。デジタル化してしまえば、古いネガは処分して構いません。

フィルム式のカメラで撮った35mmフィルムを現像する方法

フィルム式のカメラで撮った35mmフィルムを現像する方法

最近、SNSなどでフィルム写真を見かけることが多くなってきましたよね。 一眼レフなどとは違い、操作が簡単なのも嬉しいポイント。価格も手ごろなものが多いので、フィルムカメラからカメラデビューする人も少なくありません。スマホでいつでも簡単に写真が撮れる時代に、あえてフィルムで撮影することに特別さを感じることもできます。 そんなフィルムの中で最も代表的なものが、35mmフィルムです。もともとカメラにフィルムが内蔵されているものもあるため、意識していなかった人も多いかもしれません。実は「フィルム」と一言に言っても、35mmフィルムやブローニーフィルムなど、いくつか種類もあるのです。

フィルム式のカメラで撮った35mmフィルムを現像する方法

最近、SNSなどでフィルム写真を見かけることが多くなってきましたよね。 一眼レフなどとは違い、操作が簡単なのも嬉しいポイント。価格も手ごろなものが多いので、フィルムカメラからカメラデビューする人も少なくありません。スマホでいつでも簡単に写真が撮れる時代に、あえてフィルムで撮影することに特別さを感じることもできます。 そんなフィルムの中で最も代表的なものが、35mmフィルムです。もともとカメラにフィルムが内蔵されているものもあるため、意識していなかった人も多いかもしれません。実は「フィルム」と一言に言っても、35mmフィルムやブローニーフィルムなど、いくつか種類もあるのです。

フィルムカメラで撮ったネガフィルムを自宅で現像してみよう。

フィルムカメラで撮ったネガフィルムを自宅で現像してみよう。

フィルムを自分で現像してみたことはありますか。 自分で現像を行うと加工も自由に出来ますし、なんといっても写真に対する愛着が沸いてきます。 簡単にできる現像方法を知り、世界で一枚の自分の写真を自分の手で作ってみませんか。

フィルムカメラで撮ったネガフィルムを自宅で現像してみよう。

フィルムを自分で現像してみたことはありますか。 自分で現像を行うと加工も自由に出来ますし、なんといっても写真に対する愛着が沸いてきます。 簡単にできる現像方法を知り、世界で一枚の自分の写真を自分の手で作ってみませんか。

【初心者必見】写ルンですの現像方法は?料金等とあわせて解説

【初心者必見】写ルンですの現像方法は?料金等とあわせて解説

写ルンですの現像をしたいけど、どうやって現像すれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか? 本記事では、そんな方に向けて、写ルンですの現像方法や現像ができる場所、具体的な費用等について解説していきます。

【初心者必見】写ルンですの現像方法は?料金等とあわせて解説

写ルンですの現像をしたいけど、どうやって現像すれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか? 本記事では、そんな方に向けて、写ルンですの現像方法や現像ができる場所、具体的な費用等について解説していきます。